近年光回線業者が高齢者宅を訪問ししつこい勧誘をしてお年寄りを言いくるめ契約させることが増えています

近頃、光回線業者が高齢者宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えています。
こういった事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を定かにいたしました。
1か月ごとに請求される光回線の料金は定額を差し引かれているため、殆ど、意識することがないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月馬鹿にできないほどの金額を通信料金として納めていることになります。
いくつかの選択項目の中からちょっとでも安いプランで契約の申し込みをしたいものです。
ワイモバイルを称するとスマートフォンの一か月の料金がほかの大手の通信を行うブラントに対して安過ぎる金額という場合があります。
ワイモバイルを契約した人がどんどん沢山になっていけば、人気が出て契約数が増えて数字が伸び、大手の会社である、3つの会社が提示している料金も下がってくると言う良い流れになる思いますので、楽しみであります。
知名度の低いワイモバイルの場合、解約時に発生する解約金を安い料金にしたり、契約期間を縮めたりして試用期間を利用するようにすれば、契約の回数が増えていくでしょう。
安さに魅かれても、1年以上の契約期間があっては、契約にはなかなか踏み出せないものです。