翌朝、早く起きなければいけないなど寝坊できない事情があるのに、夜になっても眠れないことは起こり得ることです。早く寝ようとすればするほど、その状況では眠れなくなってしまうことが大半でもあります。寝坊だけは避けたいのであれば、寝坊しないために目覚まし時計やアラームをセットしておくこともできますが、実際に朝になって目が覚めないと意味がないことです。夜、きちんと寝ることができてこそ、朝もしっかりと時間通りに目を覚ますことができるのです。眠れないとどうしようもないですが、ここは社会人としてあらかじめ、計画を立てておく知恵もあります。前日からその日に眠る時間も設定しておくことが好ましいのですが、入浴時間も寝る直前ではなく、3時間前までには入浴を済ませておくほうが眠気も引き起こすことができます。寝坊せずに起きることができても、寝不足だと頭の中が起きていないので失敗もしやすいので、決めた時間には眠れる努力をするべきです。

関連ページ