司書の資格ガイド

司書の資格ガイド

司書の魅力

資格のひとつである司書の主な仕事を、図書館などで本の管理をするだけだと思っている方がいれば、それは誤解です。

 

司書の仕事というのは、人とのコミュニケーション能力が不可欠である大変なお仕事なのですよ。

 

図書館を訪れるいろいろな人との交流によって、さらに快適な図書館作りをしていくことが一番大切な仕事になります。

 

子供の頃から本が大好きで、本の魅力が分かっている方が資格を持っていることが多いですが、本が好きなだけでは司書の業務は務まりません。

 

図書館におけるカウンター業務では、貸し出しや返却を受け持ち、図書館だよりを作成することもありますし、お話会を主催することもあります。

 

お話会では、たくさんの人に本を紹介するができるということだけでなく、お話会に参加してくれた人を楽しませるための工夫もしなければいけません。

 

ただの本の読み聞かせということだけではなく、ストーリーを暗記した上で、感情を込めて話されている司書の方もいたりと、プレッシャーはありますが、資格を持っているのだから司書としての責務を果たそうと頑張っている司書の方たちが図書館を支えているのです。

 

司書という立場で、本に関する情報をたくさんの人に伝えられることにやりがいを感じ、情報が欲しい人たちに正しく分かりやすく提供することを務めとして、多くの方が頑張られています。

 

このようなイベントを行って、本と人との繋がりを作っていくことが司書の最高の魅力でなないでしょうか?

 

近ごろでは、司書のお仕事を「本のソムリエ」と呼ぶ人も出てきて、資格を取得する方が増えてきました。

 

紹介した本を読んでくれて、面白かったと感想を聞きくことができたりなど、仕事の効果をすぐに実感できるのも嬉しいものです。


本のエキスパートになるためのガイドです

Copyright (C) 2010 司書の資格ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集